鋼矢板圧入工事 硬質地盤クリア工法|施工事例|クラッシュパイラー、サイレントパイラーによる工事なら!渡辺アーステック株式会社

クラッシュパイラー、サイレントパイラーによる工事なら!渡辺アーステック株式会社

最新施工事例



施工方法
硬質地盤クリア工法
施工場所
茨城県筑西市下川島

 パラペット橋座打ち換えのため、現道脇に鋼矢板を圧入しました。当初設計では埋土のため、鋼矢板の単独圧入で設計が組まれていましたが単独圧入では...

もっと詳しく

渡辺アーステック株式会社

渡辺アーステック株式会社

〒328-0024  [ 地図 ]
栃木県栃木市樋ノ口町64-8
TEL:0282-20-2010
FAX:0282-23-8530
E-mail:

施工対応地域

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄

※こちら以外の地域も対応可能な場合もございますのでお気軽にお問合せ下さい。

ブックマーク登録

はてなブックマークに追加 MyYahoo!に追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加

施工事例

硬質地盤クリア工法

国補地道第25-03-847-0-002号橋梁下部工事(仮称 豆入平橋その1)

鋼矢板圧入工事 硬質地盤クリア工法


【施工場所】茨城県常陸大宮市
【施工期間】H27.2~H27.3

▲ 画像クリックでプレビューされます。

矢板形式:SP-Ⅳ
矢板長:10.0m
最大N値:50/0 貫入不能 換算N値1,500以上
土質:岩盤 中硬岩~硬岩(頁岩[ケツガン]、砂岩)
元請名:株式会社 片岡組 様
備考:

 設計時の施工方法では掘削した際に水が大量に出てくる状況の為、施工不可能となりました。元請の片岡組様、常陸大宮土木事務所様と協力して設計変更をし、クラッシュパイラーでの施工となり着工しました。
 N値が貫入不能を示し、岩盤層が続く土質でした。橋脚の基礎を作るために鋼矢板の打設をしましたがとても硬い土質のためビットが激しく損傷する状況もありましたが1日打設予想より多く打てる日もあり弊社としても大変勉強となりました。ビットの消耗が激しい部分では新鮮な岩盤が続いていたと想定されます。

2枚目:岩盤層の排土、3枚目:岩盤サンプル。中央灰色部分が新鮮、外側茶色が風化している。

戻る
PAGE TOP