硬質地盤クリア工法|施工事例|クラッシュパイラー、サイレントパイラーによる工事なら!渡辺アーステック株式会社

クラッシュパイラー、サイレントパイラーによる工事なら!渡辺アーステック株式会社

最新施工事例



施工方法
硬質地盤クリア工法
施工場所
栃木県栃木市

 本現場は栃木県に流れる思川に造られた取水堰である小倉堰が経年劣化により取水量の低下や洪水などの災害の懸念がありました。頭首工の補修工事の為...

もっと詳しく

渡辺アーステック株式会社

渡辺アーステック株式会社

〒328-0024  [ 地図 ]
栃木県栃木市樋ノ口町64-8
TEL:0282-20-2010
FAX:0282-23-8530
E-mail:

施工対応地域

北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石川,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄

※こちら以外の地域も対応可能な場合もございますのでお気軽にお問合せ下さい。

ブックマーク登録

はてなブックマークに追加 MyYahoo!に追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加

施工事例

硬質地盤クリア工法

一級河川五行川 越流堤整備工事

硬質地盤クリア工法


【施工場所】栃木県芳賀郡芳賀町
【施工期間】令和2年2月~3月

▲ 画像クリックでプレビューされます。

矢板形式:SP-2w
矢板長:L=7.5~10.5
最大N値:推定300
土質:砂礫層
元請名:松本建設株式会社
備考:

 本現場は平成30年初頭に施工した越流堤の対岸側の施工です。出水時に河川隣接の調整池へ導流させるため堤防の一部を越流堤とする工事です。
越流堤を遮水・補強する目的で周囲に本設鋼矢板を圧入しました。
 Ⅱw型鋼矢板は薄い材質のため材料費を抑制できる反面、施工する上ではその薄さから変位し易く、施工には細心の注意と技術力が必要です。
難易度の高い現場でしたが元請と打合せながら、安全・確実に施工する事ができました。
 今回、ICT施工の知識が豊富な元請所長の提案により、『GIKEN ITシステム』を採用しましたが、圧入管理データを取得し、リアルタイムに機械状態を確認しながら施工できた点も鋼矢板を精度良く圧入できた要因の1つです。
 施工中に強雨が降り布堀内での作業の為、水の心配がありましたが元請の皆様含め現場全体の協力により無事に施工完了しました。

戻る
PAGE TOP